quill

2015

09/06

ブログ

クイルピアス

ラコタ族の伝統工芸品クイルピアス

 

クイルとはヤマアラシの針のこと
白人がビーズを持ち込むまでは、そのクイルを使い装飾品としてよく使われていました。
クイルワークは女性インディアンの仕事です。

製作しているのは、私の大事な友達 Jihye  です
彼女は日本で生まれ育った韓国人
現在はサウスダコタのインディアン居留地で
インディアンの旦那様と可愛い息子とともに暮らしています。

 

現在は失われつつある、クイルの技法を彼女は大事に思い、1点1点丁寧に手作りしています。
ネイティブで作っている人も少なくなっています。
失われつつある伝統工芸品を色々な人に知ってもらうために直接彼女から仕入れました。

 

彼女はネイティブではありませんが、今後何らかの形で彼女を慕ってくるネイティブアメリカンの子が
この技法を使ってインディアンジュエリーを守り続けてもっと世界に発信してくれるかもしれません。

こうしてたくさんの人に知ってもらい受け継がれていくのが伝統文化であり、文化を継承していくこと
なのかもしれません。


店長

Archive



New Post

最新記事